大分キヤノン株式会社

会社情報

大分キヤノン株式会社

事業内容 ■大分キヤノンのものづくり:
大分キヤノンのものづくりは今日も進化しています
大分キヤノンはキヤノン製品の世界に向けたマザー工場として、デジタル一眼レフカメラやビデオカメラ、レンズなどの生産を担っています。キヤノン本社が開発する製品の設計に基づき、部材の選定や物流、調達の手配、生産工程の構築などを行い、一つ一つの生命あるものに仕上げるのが同社の役割です。
大分キヤノンのものづくりの根底にあるのは、人々の「映像を美しく残したい」という想いに応えること、そして、世界中どこの国に行っても親しまれ、愛されている「キヤノンブランド」に対する誇りです。
所在地 大分県東国東郡安岐町下原710
代表者 増子 律夫
設立 1982年2月
資本金 80百万円
従業員数/平均年齢 3,376名/33歳

4件中 1〜4件を表示

1
iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×