株式会社 大塚製薬工場

会社情報

株式会社 大塚製薬工場

事業内容 ■概要:
輸液を中心とした医薬品製造・販売業
■沿革:
同社は1921年、創始者・大塚武三郎により創立された大塚グループ発祥会社です。1946年に輸液事業を開始し、大塚製薬工場が生産と輸液の研究開発を、大塚製薬が販売を、という形で進んできました。戦後、注射薬の製造に着手し、新薬の開発、容器の革新、輸液関連システムの研究等に、あらゆる面から取り組み「輸液の大塚」と呼ばれるほど、国内のみならず、世界中より高い評価を受けています。
■事業内容:医薬品(輸液等)、大衆薬、医療用食品の研究開発・製造・販売
所在地 徳島県鳴門市撫養町立岩字芥原115
代表者 小笠原 信一
設立 1921年9月
資本金 80百万円
従業員数/平均年齢 2,335名/41.5歳

4件中 1〜4件を表示

1
iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×