株式会社保健同人社

会社情報

株式会社保健同人社

事業内容 ■概要:医療・健康情報を活かした書籍や電話相談、WEB制作や健康指導などのサービス・コンテンツを世の中へ提供しています。

■沿革:1946年、創立者である大渡順二が自らの闘病体験とわが国の結核患者の実情を鑑み、結核療養のための指導啓発雑誌『保健同人』を創刊したことに始まります。同誌は厚生大臣賞、保健文化賞などを受賞しながら、誌名を『暮しと健康』と変え、日本で先駆けて家庭健康雑誌へと引き継がれました。1954年には「人間ドック」と名付けた検診システムを共同で開発したり、1988年にはメンタル相談をも含む電話健康相談事業を開設するなど、他に先行して保健事業を営んできました。
所在地 東京都千代田区一番町4-4
代表者 古川 弘和
設立 1946年6月
資本金 59百万円
従業員数/平均年齢 175名/45.5歳

2件中 1〜2件を表示

1
iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×