これであなたの最高の転職時期が分かる|転職に有利な時期や年齢とは

投稿日:2016.05.30更新日:2016.05.31

転職をするなら、絶対に今より良い待遇や環境の会社に転職したい。
誰もがそんな風に考えて転職活動をしているはずです。


今の仕事を続けながら転職活動をするのであれば、経済面での心配は無いので、良い求人に出会うまでじっくり時間をかけることも良いでしょう。
しかし、時間が経つと求人の募集が終了してしまったり、時間が取れなくなったりで焦ってしまい、結局良い転職ができなかったという人の声も多く聞きます。

転職活動は長々とやりたくはないけれど、「応募したいと思える良い求人がない」「もしかしたら来月には良い求人が出ているんじゃないか」と迷ってしまい、なかなか応募まで踏み切れない人も多いかもしれません。

そんな人は転職にも最適な時期があることを知っていましたか。
今回の記事では、求人の増える時期や転職活動が盛り上がる時期、年代ごとの最適な転職タイミングのそれぞれについてふれていきたいと思います。

自分にとってのベストな転職時期を知ることで、転職活動を有利に進めましょう。

1. 転職時に年収アップできる人は3割

転職活動をする際にやはり気になるポイントの1つが収入面です。今よりも年収アップを目指して求人を探す人も多いことと思います。
しかし、現実は転職初年度に年収アップを実現できている人は3割といった調査結果があります。逆に年収がダウンしてしまった人も同程度の割合いるようです。
もちろん転職した後に勤続することで年収アップする可能性は高いですが、転職時の年収のアップダウンに関しては、自身の能力だけでなく業界や会社によっても左右されるものと考えておいたほうが良いでしょう。

ですので、やはり年収アップを目指したいのであれば、これまでの経験を生かして、できるだけ同水準で同業種への転職や職種はそのままで業界を変えるといった選択が有効とされます。
そういったことを踏まえると、自身の業界の求人が増える時期や、経験を生かせるタイミングを把握しておくことは転職成功の第一歩と言えるかもしれません。

2. 転職市場から見るオススメの転職時期はいつ?

2-1. 求人数が多い時期

転職市場で求人が増える時期はいつか。一般的には決算期に合わせて3月と9月あたりに求人が増える傾向があります。人材の横移動が多く起きる時期には退職者によりポジションも空くため求人も多くなります。
また、決算後に新しいプロジェクトが立ち上がり、その人材確保のために企業が計画的な採用を始めることが多いのも求人数が増える要因の1つです。
逆に半期を迎えた9月から求人数が増えた後は、年末年始になるため一気に求人数は減少することも知っておくと良いかもしれません。

ちなみに、この求人数が多い時期というのはあくまで全体での話なので、時事的な要因や業界ごとの景気によっても変わってきます。自分の希望する業界に関しての情報は日頃からチェックしておくのが大切です。

2-2. 転職活動が活発になる時期

次に、転職活動が活発になる時期ですが、こちらも基本的には求人数が多い時期と同様に3月や9月に転職希望者は増加すると言われています。
理由としては、ボーナスをもらった後に転職を考える人が増え始めるため、夏と冬のボーナス時期から少し遅れたタイミングの3月や9月頃は転職活動が盛んな時期になります。

求職者の数も、やはり時事的な要因や景気により左右されるため、転職活動が活発になる時期と求人数が多い時期は大体同じであると考えて良いでしょう。

2-3. 競争率の低い転職時期は何月?

求人の増える時期と求職者の増える時期は3月と9月というお話をしましたが、それでは、競争率が低く転職活動を有利に進められる時期はあるのでしょうか。

2015年〜2016年にかけての有効求人倍率は上昇傾向で、
厚生労働省の発表では、2016年4月の有効求人倍率は1.34倍で、1991年以来、24年5か月ぶりの高水準になっているようです。

また、グラフの求人広告掲載件数と求職者数を見てもわかるように、最近では、求職者数よりも求人数のほうが多い状況が続いているため、季節要因での競争率の変化はあまり見られず、年間を通して転職者には有利な時期と言えます。


しかし、ここ数年の数字を見てみると、真夏の暑さの中での転職活動や、年末という何かと忙しい時期の転職活動は避けたいといった動きのせいか、8月と12月は求職者数が少ないため、強いて時期を挙げるとすれば、競争率が低いのは夏場と年末だと言えるでしょう。もし、こういったタイミングで希望の求人があった場合には転職活動をしても良いかもしれません。

ただし、ライバルは少なく求人数は増加傾向にあるものの、求人数は3月や9月に比べるとやはり少ないので、とにかく選択肢が広く欲しい場合にはやはり求人数の多い時期がオススメです。

→外部サイト:厚生労働省 - 一般職業紹介状況(平成28年4月分)

有効求人倍率って何?

有効求人倍率とは「求人数」を「求職者数(仕事を探している人)」で割った倍率のことです。
求人数が100で求職者数が200の場合の有効求人倍率は、100÷200=0.5 となり、これが1を超える場合には、求職者に有利な市場(売り手市場)で、1を下回る場合には求人を出している企業側に有利な市場(買い手市場)と言います。

3. 転職時期の疑問を解消して転職活動開始のタイミングを見極めよう

Q. 在職中と退職後、転職時期はどちらが良いの?

これは、よくある質問ですが、基本的には転職活動は在職中にすることをオススメしています。一般的には、入社まで引き継ぎの猶予をもらい、内定が決まった後に退職届を出す流れが安心です。

万が一、内定の辞退や取り消しが起きてしまった場合の保険といった意味合いもありますが、やはり、退職後に転職活動を行っていると、次の仕事が決まらない焦りで慎重な判断ができなくなったり、経済的な負担からとにかく早く内定が出た所に行くしかない状況になりがちで、結果として良い転職ができなくなってしまうことが多いためです。

エージェントを利用した際などには、在職中での転職活動が勧められると思いますが、これはエージェント側としてもやはり退職のリスクを持ちきれないといった意味合いもあるので、現在の職場でとてつもないセクハラを受けていたり、確実に身体を壊してしまうかもしれないといった状況の場合などは、今すぐに辞めてしまっても良いと思います。

Answer:転職活動を成功させるには慎重な判断と余裕が大切。転職活動開始の時期は在職中がオススメ!



Q. 企業に応募する前の事前準備はどのくらい前の時期から行えば良いの?

転職を成功させるためには、情報収集を行いながらキャリアの整理や自己分析を行ったり、履歴書や職務経歴書の準備も怠ってはいけません。

こういった準備期間も考慮した上で、転職活動を開始する時期をイメージしておくのが大切です。
特に在職中に転職活動を行う場合には、なかなか時間が取れないこともあると思うので、本格的に企業へ応募を始めようと考えている時期よりもさらに1〜2ヶ月前のタイミングから準備は始めておいたほうが良いでしょう。

転職エージェントや求人サイトで情報収集を行うタイミングに履歴書や職務経歴書が準備できていると、企業側からのオファーなどもされやすくなるので、書類系の準備は特に早くしておくことをお勧めします。

Answer:最低でも企業へ応募を始める1〜2ヶ月前の時期からは書類作成や情報収集などの事前準備を進めておこう!



Q. 転職先への入社タイミングはどのくらい待ってもらえるの?

在職中の転職活動では、内定が決まってからすぐに退職して次の会社へ入社というのは難しく、やはり引き継ぎ期間などを調整する必要があります。
そのため、内定が決まった後、転職先への入社まではいったいどのくらい待ってもらえるのかどうかを知っておくことも、転職活動をスタートさせる時期を決める上で大切です。

また、これを知っておけば、在職中の会社でボーナスをもらった後に転職したり、比較的ゆとりのある時期に引き継ぎを終えて転職することもできるので円満に退職でき、転職先へも迷惑をかけずに済むかもしれません。

どのくらいの期間待ってもらえるかですが、
マネジメント層や役員層など、重要なポジションの場合には6ヶ月以上待ってもらえるケースも稀にありますが、基本的には、在籍中の会社での引き継ぎなどを考慮してくれるため、入社まで大体1〜3ヶ月程度であれば待ってもらうことができます。

ただし、これはあくまで一般的な話なので、人の入れ替わりが激しい職種や業界などによってはそれほど待ってくれない場合もあるので、もし引き継ぎに時間がかかりそうだったり、不安な場合には選考時に話をしておくことも大事です。

Answer:転職先には選考から1〜3ヶ月程度は待ってもらえるので、転職活動の開始時期は、引き継ぎ期間も考慮しておこう。



Q. 未経験の転職がしやすい時期はあるの?

「業界や職種問わず、とにかく転職先の選択肢を広げたい」といった場合には、未経験の転職も狙い目です。
ここでは、有利な時期に未経験の転職を成功させるための2つのポイントを紹介します。

まず、未経験の転職を希望している場合には、求人が多い時期に転職活動をしましょう。
やはり転職の場合は経験者であることが必須条件になりがちですが、単純に求人の多い時期は必要な人材が不足していたり急な欠員が出たために経験不問で求人募集をすることも多くあります。
そういったタイミングに転職活動を行うことで、未経験者歓迎の求人に出会う確率を上げていくことが大切です。

2つ目に注意しておきたいのは、未経験での求人募集は、営業職やサービス業等といった一部の業界や職種を除いては、20代後半を目処に限られていってしまいます。
未経験者歓迎の求人の場合は、実務面のスキルよりも、ガッツや思考力が重視されやすく、やはり若さを求められることも多くあるので、年齢が気になっている人は転職時期は早いに越したことはありません。


つまり、未経験での転職時期を判断するためには、市場の動向以外にも自身の年齢と希望する業界や職種の求人情報を見ていくことが大切だと言えます。

また、選考の際には、PCスキルや営業スキル、コミュニケーションスキル等といった汎用性のある能力がある場合には積極的にアピールしておくと、さらに有利に未経験での転職を進めることができるでしょう。

Answer:未経験での転職を目指すなら、求人数の多い時期(3月、9月など)がベスト!ただし年齢が上になるにつれて求人数は減っていくので注意しよう。



Q. 転職や就職から間もないんだけど、またすぐ転職しても良いの?

転職時の悩みとして意外に多いのがこういった相談です。
様々な動機があるため、転職すること自体は悪いことではないですが、短期間での転職はやはりマイナスになってしまう可能性が高いです。


このような悩みは、新卒3年未満のような人にも多く、同時に「新卒3年以内の転職はやめたほうが良い」と言われることも多いかもしれませんが、2014年に厚生労働省が行った新卒者の離職状況の調査では、新入社員のうち、大卒では約3割、短大卒や高校卒では約4割が3年以内に転職しているというデータもあります。

また、転職・就職リサーチサイトVorkersによる平成生まれの退職理由調査では、退職理由の1位は「キャリア成長が望めない」という結果も出ているように、時にはキャリアアップを目指して早期で見切りをつけたほうが良い場合もあるため、就職後すぐに転職をするという判断が必ずしも間違っているとは言えないでしょう。

それでは、何がマイナスになるかというと大きく分けて2つのマイナス要素があります。


一つ目は、「ダメだったらまた転職すればいいや」といった思考に陥ってしまうことです。
新卒1年未満でも転職自体は可能ですが、やはりそのタイミングから転職をした場合には、転職回数が多くなる傾向があり、一貫したキャリアプランの形成ができなくなりがちです。
そして、20代であれば転職は比較的楽ですが、年齢とともに徐々にそれも難しくなってくるため、「やっぱり前の仕事のほうが良かった」などといった後悔が残ってしまうことも多いようです。


二つ目は、「転職回数が増えると生涯賃金も低くなりやすい」といったリスクがあることです。

定年まで同じ会社に勤務した場合と転職をした場合の生涯賃金には2〜10%の開きがあり、一般的には、転職回数が多いと生涯賃金は低くなってしまうといった調査結果も出ています。
やりたいことがあれば転職した方が良いですが、年収を上げたいなどの理由で転職を繰り返すのは、結果的に大幅に年収も下がってしまうこともあるため危険といえます。

→外部サイト:ユースフル労働統計2015-転職による生涯賃金減少率


早期の転職の場合には、年齢とともに響いてくるリスクがあることを念頭に置いて、長期的なキャリアプランを考えた上で、転職活動を行うことが大切です。

Answer:短期での転職はマイナス要素!長期的なキャリアプランを考えた上で、やりたいことがあれば転職しよう。



Q. やりたいことがないけれどとにかく転職したい。そんな人に最適な転職時期はあるの?

「やりたい事も特になくとりあえず今の仕事を辞めて転職したい」といった場合に最適な転職時期はあるのでしょうか。

まず、基本的には、逃げの転職はダメです。上でも書いたように、えげつないセクハラや命の危機を感じるような場合であれば話は別ですが、やりたいことや実現したいことも無くとにかく今の仕事を辞めたいという思いでの転職はやはりなかなか上手くいきません。
何故なら、そういった場合にはどういった目的で転職活動を行うか等がはっきりしていないために、自己アピールが上手くできなかったり、仮に転職先が決まったとしてもまた同じ思いや課題にぶつかってしまいがちです。

特に人間関係が上手くいっていない等の悩みでとにかく新しいところへ転職がしたいという場合には、次でそれが保障されるとは限らないので、さらに環境が悪化してしまうリスクも考えられます。

やりたいことが無い場合でも、今までやってきたことや能力を振り返り、自己分析をしっかりした後に転職活動を始めるのが良いタイミングといえるでしょう。

Answer:やりたいことがなくても、今の仕事を辞めたい転職でも、転職活動は自分のキャリアの整理を行ってから始めよう。



Q. どれも一長一短の求人ばかりで転職するかどうかも迷っている。このタイミングで転職に踏みきるのって大丈夫?

「100%納得のいく求人は見つからないけれど、妥協して選考へ進むべきか、それとも今は待つべきか。」「今の仕事には満足している部分もあれば不満もあるんだけど…」
こういった思いでどうしても決めきれず迷っている場合には、どうしたら良いんでしょうか。

最も大事なことは、やはり、転職を考える上で一番の軸は何なのかを確認しておくことです。

ここでいう軸とは、やりがいなのかお金なのか、それともプライベートの時間や会社の将来性なのか等、一番自分が優先したい条件のことです。

自分が何を一番大事にしているかを再確認することで、転職せず今の仕事をもう少し続けてみるのが良いのではといった選択肢も自ずと視野に入れることができます。

もし、自分でもその軸が何なのか分からない時には、極端な条件を2つ出して比較し考えてみると良いでしょう。
年収はギリギリ生活ができる程度まで大幅に下がるけれど毎日定時に帰ることができて土日も休みの会社と、年収は倍が目指せるけれどほとんど休みがない会社のような両極端な条件を出された時にどちらを選ぶかで、何を重視したいと思っているか判断することもできます。ちなみに、一般的にはやはり両極端な条件を突きつけられた場合には、ワークライフバランスのほうを重要視する傾向があるようです。

また、やはり自分一人で悩むのは時間もかかってしまうので、友人や家族と話をしてみたり、手っ取り早く転職相談のできるようなところへ相談するのも1つの手かもしれません。
人に相談することは、自分一人では気づかなかった新しい課題を発見することもあるのでオススメです。

Answer:迷っている時はまだ転職時期ではない。まずは自分が一番優先したい条件を確認してから。



4. 年代によって違う、自分にとってベストな転職時期はこのタイミング!

中途採用のニーズも高まりを見せる中で、年齢は採用する企業側にとって1つの大事な指標となるものです。

「自分を売り込む時期はいつが良いのか」「転職をするならどんなスキルを身につけてからが良いんだろう」
企業側がそれぞれの年代の転職者に期待することをしっかりと押さえておくことで、自分にとってのベストな転職時期を見極めることができます。

4-1. 20代中盤の転職者に求められるのは将来性

第二新卒や20代中盤までの転職者は、実務における経験値は少ないため、実務面のスキルよりも、やる気や地頭の良さや思考力といった将来性を期待されることが多いです。
また、1から教育する必要のある新卒とは違い、ビジネスマナーや社会人としての立ち振る舞い、基本的なPC操作などは身につけているということで採用する企業としてもメリットがあります。

一方で専門的なスキルや実績が足りなくても転職がしやすいことが転職者にとってはメリットとなるため、このタイミングでどうしてもやりたいことがあるような若い人は転職に良い時期かもしれません。

4-2. 20代後半から30代前半の転職者は即戦力

20代後半〜30代前半の転職者はまさに即戦力として最もこれからが期待される人材といっても過言ではありません。若さと将来性、実務経験を兼ね備えているという期待のもと企業側は採用を行っていることと思います。

転職の際は、成長意欲だけでなく、キャリアの中での実績や、成功体験、失敗体験からの学びなどを存分にアピールすることが大切です。実績などを話す際には、できるだけ分かりやすいエピソードをあげたり定量的な表現を意識するとさらに良いでしょう。

とにかくやる気はあるけれど、少し実務経験が不足しているように感じる場合には、自身のキャリアの整理を行いつつそれを補う強みを考えることから転職活動を始めるのが良いかもしれません。もし今後強みになりそうな実績を今の仕事で積めそうなのであれば、それを経験してからの転職が一番良いタイミングと言えます。

ただし、未経験での転職を考えている場合にはこの辺りの年齢から求人数が減ってくるので転職のタイミングには注意が必要です。

4-3. 30代40代の転職者に必須なのはマネジメントスキル

30代中盤あたりからは、もちろん専門的なスキルや今までの実績を評価され、即戦力を期待されますが、それに加えて、組織を引っ張っていくようなマネジメント能力も企業側は期待しています。

職種によって違いはあるため、一概には言えませんが、専門職で一途に専門性を高めていくことも大切ですが、キャリア形成で重要なのは、足りないものを補いながら自分の価値を高めていくことです。

この年代で転職をしようと考えている場合には、マネジメント経験のできる環境にいるのであれば買ってでも経験をしておくことをお勧めします。

多くのことが期待される年代ですが、年齢的にも30代と40代の転職では企業側の印象もさらに違ってくるため、転職を検討している場合には情報収集程度は今の仕事をしながら進めるのも良いでしょう。

転職者の年代ごとに企業側が期待していることを知っておいた上で、自身のキャリアを照らし合わせてみると、自分を売り込むベストな時期が見えてくることと思います。
もし何か足りないものがあれば、転職を思いとどまって今の職場でアピールできる経験を積むという選択肢も選べるので、採用側のニーズを知っておくことは自身のキャリアの整理にも有効です。

5. それでも転職すべき時期に不安を感じたら、無料の転職相談を

自分のキャリアや希望を細かく伝えた上で、転職するべきか否かや、いつ転職活動をすれば良いか迷ったら、無料でできる転職相談を試してみましょう。
転職相談のできる場所や相談の仕方はこちらの記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

転職の悩みをスッキリ解決!今日から相談できる心強い味方

6. おわりに

いかがでしたでしょうか。
転職に踏み切るのは、やはり覚悟や労力がかかるので、迷うことも多いと思います。
しかし、もし自分自身のことを商品ととらえるのであれば、その商品を売り込む時期やタイミングが大事なのは言うまでもありません。

転職市場の盛り上がる時期と、自身のキャリアを照らし合わせながら、最も良い転職時期を見極めて転職を有利に進めましょう。

もちろん、転職は人生でも大事なイベントの1つですので、事前準備なども念入りに行うことが大切です。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×