今話題のお店・企業・人物が盛りだくさん!「カンブリア宮殿」に登場した会社・人物44選【2016年度暫定版】

投稿日:2016-11-07更新日:2016-11-07

皆さんは「カンブリア宮殿」というテレビ番組をご存知ですか。様々な業界で注目されており、著しい成長を続けている企業をたくさん紹介する番組であり、私たちの生活を陰で支えている企業を多く知ることができる人気番組です。今日はそんな番組で紹介された、様々な業界において注目されている企業を紹介していきたいと思います。

1. READYFOR株式会社

インターネット上で多数の人から資金を調達する仕組みを「クラウドファンディング」を日本で初めて取り入れたREADYFOR株式会社。この仕組みはお金がないけれど、夢や志があって何かに挑戦したい人が、同サイト上において、一般の方からお金を調達することができるサービスです。同社はプロジェクト件数も資金調達の合計金額も国内最大の実績を誇ります。支援金額は合計で11億円程になっており、多くの方の夢への挑戦の為の資金が調達されています。

2. 自遊人

予約のとれない人気の旅館『里山十帖』を運営している自遊人。2014年5月にOPENしたこの旅館は新潟県魚沼市の山間にあります。この旅館は単なる宿でもなく、新たなインタラクティブな体験を提供するメディアを運営しています。そんな一つ一つの体験を提供する里山十帖は2014年度グッドデザイン賞にも選ばれています。

3. 株式会社島精機製作所

コンピュータ横編機、ホールガーメント横編機、アパレルデザインシステム、自動裁断機の販売等を行っている株式会社島精機製作所。世界中の多くの有名ブランドが同社の編み機を使っています。総合メカトロニクス企業として発展してきた同社はコンピュータ横編機の分野では世界シェアNo.1を誇ります。同社の社長である島正博氏は78歳を迎えた今なお現役社長として会社を牽引しています。

4. 日吉歯科診療所

山形県酒田市にある日吉歯科診療所。酒田市の人口は11万人ですが、そのなんと1割が日吉歯科に通っているのです。数に治すと1万以上ですから、ものすごい数ですね。理事長の熊谷崇氏は虫歯にならないための、「ケア予防」を重視し、患者にそれを推奨する取り組みをしてきました。今後も地域に根ざした人気歯科として、期待ですね。

5. 株式会社ピーターパン

特徴的な名前で記憶に残るパン屋さんを、千葉県船橋市周辺で運営している株式会社ピーターパン。徹底的に焼きたてにこだわり作っている同社のパンは、地域の住民から圧倒的な支持を受けています。パーターパンではコーヒー無料のテラス席や季節ごとのイベントを開くなどして、地元に徹底的に根ざしたコミュニティを作りあげてきました。

6. 株式会社たこ満

1977年に設立された和洋菓子店を経営している株式会社たこ満。会社の名前だけ見ると勘違いしそうですが、たこ焼き屋さんではありません。静岡県西部に17店舗を構えています。その地域ではお菓子の贈り物にたこ満のお菓子が使われているそうです。同社はネット事業の台頭により、店舗を構える多くの洋菓子屋さんが苦戦している中、たこ満は右肩上がりの成長を続けています。

7. 御所坊

兵庫県の有馬温泉にある、日本屈指の老舗旅館「御所坊」。この旅館は建久二年(1191年)に創業されたと伝えられています。今から800年以上も前に作られた旅館が今なお続いているなんて凄すぎますね…この旅館の主人でもある金井啓修氏は旅館業以外にも、有馬温泉一体の活性化を図るために、温泉街にアロマやおもちゃの博物館などの施設を作りあげるなどして貢献しています。

8. 株式会社マックアース

スキー場、ホテル野外教育、ゴルフ場、キャンプ場等の施設運営・再生を事業としている株式会社マックアース。同社はスキー産業に参入してからわずか8年で日本最大のスキー場運営会社になりました。同社の社長である一ノ本達己氏はタイの首都バンコクに、雪で遊ぶ施設「スノータウン」を作るなどして海外の方にもスキーに興味を持ってもらい、日本へのスキー観光を促す取り組みをしています。

9. エースコック株式会社

インスタントラーメンの製造販売を行なう企業であるエースコック株式会社。直近では近畿大学水産研究所とつるとんたんとコラボした「スーパーカップ1.5倍・近大マグロ使用・魚だしカレーうどん」を発売することを発表しています。そんな同社は「カップスープ」部門で売り上げ11年連続No1を記録するなど、業界を牽引する存在です。

10. 株式会社大津屋

1573年に福井県福井市で創業された歴史を誇る、地域密着型のコンビニを展開している株式会社大津屋。同社が運営しているコンビニチェーン店の「オレボステーション」は福井市民で知らない人はいないと言われているほどの人気を誇ります。一般的なスーパーやコンビニと違って、オレボステーションの店内は半数以上ができたて惣菜で並ばれています。また福井県の給食で出される、揚げパンなどが商品として並んでおり市民の心を掴んでいます。

11. レオン自動機株式会社

製パン機・包あん機・生地シートライン他、食品製造機械のパイオニアとして、世界の食文化に貢献しているレオン自動機株式会社。同社は1963年に設立されました。生地と中身を包む機械を、世に初めて生み出した会社です。同社の機械は国内のみならず、世界中で利用されておりおよそ120の国と地域で活用されています。

12. 日本通運株式会社

物流ネットワークでは世界屈指の実力を誇る日本通運株式会社。今では陸・海・空全ての手段を駆使してグローバルで展開しています。そんな同社は山奥にある風力発電所まで、風車の羽根を運ぶために専用の車両を開発するなどして、どんなものでも安全に送り届けるための努力を惜しまず続けてきました。これまでも東京五輪、大阪万博、新幹線開通と日本の発展に大きく貢献してきた会社です。

13. 株式会社椿本チエイン

一般産業用チェーン、自動車エンジン用タイミングチェーンドライブシステムで世界トップシェアの機械メーカーである株式会社椿本チエイン。同社のチェーンは回転寿司やジェットコースターを動かすためにも使われています。同社の工場は24時間自動無人運転で稼働するなど最先端の作りになっています。この工場から毎月5000種類ものチェーンを製造しています。

14. ライフスタイルアクセント株式会社

2012年に設立された工場直結ファッションブランド「Factelier(ファクトリエ)」の開発および運営をしているライフスタイルアクセント株式会社。メイド・イン・ジャパンとして急成長を遂げています。同社の一番の特徴としては、工場が販売価格を決めることです。これによって工場側との関係性を対等に保ち、職人のやる気を引き立てています。

15. リーフラス株式会社

子供向スポーツスクールを運営しているリーフラス株式会社。野球・サッカー・バスケ・テニスなどを軸に主に小学生を対象に展開しています。設立15年で日本で圧倒的1位のスポーツ教室になりました。厳しい指導ではなく、子ども達が純粋にスポーツが好きになれるような雰囲気作りを行っています。その結果今では、会員数が4万3千名を超えています。

16. いすみ鉄道株式会社

千葉県夷隅郡大多喜町に本社を構えるいすみ鉄道株式会社。同社はしばらく赤字経営が続いており、鉄道廃止のところまで追い込まれていました。そんな時、同社は一般公募で社長を募集し就任したのが鳥塚亮氏です。同氏は交通手段としてつかわれていたいすみ鉄道を、観光目的で利用もされるための改革を打ち出し、業績の業績の業績のV字回復を実現させました。

17. 株式会社ユー・エス・ジェイ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を利用を運営している株式会社ユー・エス・ジェイ。ジュラシックパークやハリー・ポッターなどのアトラクションは子どもから大人まで絶大な人気を集めていますね。そんな同社はここ近年これまでとは違う動きを見せています。それは映画コンテンツを中心とした戦略だけでなく、ワンピースやきゃりーぱみゅぱみゅなど幅広いジャンルのコンテンツが入り混じったテーマパークです。そうした戦略は見事成功しており、連日多くの人混みで賑わっています。

18. 江ノ島マリンコーポレーション

新江ノ島水族館などを運営している株式会社江ノ島マリンコーポレーション。通称「えのすい」で親しまれているこの水族館には年間170万人もの人が来客してきます。前身である「江ノ島水族館」は1954年に創業されました。年間200万にもの来客があった江ノ島水族館ですが、老朽化などで一時期は30万人まで落ち込みました。そこで当時新しく社長に就任した堀 一久が新江ノ島水族館としてリニューアルさせ、見事V字回復を成し遂げました。

19. 株式会社矢場とん

愛知県名古屋市を拠点に置く、味噌カツ店を運営している株式会社矢場とん。今では名古屋の代名詞とまで言われている味噌カツですが、その火付け役となったのが矢場とんです。1947年に創業された同社は今では、東京都心部や海外にまで進出しています。

20. フリーランス眼科医 服部匡志氏

フリーランス眼科医 という、一瞬で目につく肩書を持っている服部匡志氏。同氏は世界でもトップレベルの腕を持つ眼科医として知られています。どの病院にも所属せず、各地を渡り人々の失明を救っています。同氏は月の半分を日本で過ごし、もう半分をベトナムで過ごし、なんとそこでは無償で診察をしています。こうした彼のような志のある姿勢に憧れて、多くの若い眼科医が育っているようです。

21. 株式会社ふくや

福岡県福岡市博多区に本社を置く辛子明太子のメーカーである株式会社ふくや。博多名物である明太子で、福岡No.1の売上実績を誇り、お客様からの信頼を獲得しています。同社の明太子はネット通販でも販売されているので、是非一度購入されてみてはいかがでしょうか?

22. 有限会社一平(九州パンケーキ)

九州産の小麦・穀物を使い作られる「九州パンケーキ」を製造・販売している有限会社一平。地場もん国民大賞にて金賞、料理マスターズブランドに認定もされているなど各方面で認められています。九州だけでなく、東京のカフェやアジアでも大人気のパンケーキです。

23. 株式会社トンボ

これを読んでいる皆さんも、青春時代にお世話になっていたであろう学生服を手がけている株式会社トンボ。学生服大手として知られる同社は今年で創業140周年を迎えました。学生服の他にも、スポーツウエアなど学生生活で使われるものを販売しています。学生服がこの世からなくならない限り、これからも残り続ける企業でしょう。

24. UCC上島珈琲株式会社

これまでかず多くのヒット作を生み出してきたコーヒーメーカーのUCC上島珈琲株式会社。現在国内ではコーヒーの消費量が3年連続で過去最高を更新中です。そんな中で同社はコーヒー業界を牽引してきた会社で、16年連続でレギュラーコーヒーでシェアトップを独走しています。コーヒーの製造だけでなく、コーヒー店までも経営しており、その幅は留まることを知りません。

25. 株式会社さくら住宅

創立20年以上の歴史がある株式会社さくら住宅。「リフォームを通じて社会のお役に立つ会社」を理念に、神奈川県横浜市・鎌倉市・逗子市で事業を展開しています。リフォーム・耐震補強・新築・増築・改築・全面改装まで幅広く展開しており、安心してお任せができます。地域密着型の代表格とも言える会社ですね。

26. 株式会社桃屋

「ごはんですよ!」や「味付榨菜」で有名な食品メーカーである株式会社桃屋。同社はなんと大正時代に創業されました。本当に納得のいく商品しか、販売しないため商品の種類は37種類と少なくなっています。一方こだわり抜いて発売した商品は多くがベストセラー商品となり、多くの方からの支持を受けています。

27. 株式会社ジャパネットたかた 髙田明氏

テレビショッピングでお馴染みの株式会社ジャパネットたかた。その同社の創業者が髙田明氏です。カメラ店の息子として育った影響もあり、同氏も最初カメラ店「株式会社たかた」を立ち上げたところからキャリアをスタートさせました。その後ラジオ番組、ネットショッピングに進出し、不動の地位を築き上げました。現在が社長の座を息子に譲っています。

28. 佐藤 可士和氏

クリエイティブディレクター、アートディレクター、グラフィックデザイナーと多くの肩書を持つ佐藤可士和氏。各方面から世界的な評価を受けています。同氏は多摩美術大学美術学部を卒業後、新卒で博報堂に入社。その後、2000年に独立しクリエイティブスタジオ「株式会社サムライ」を設立しています。

29. らでぃっしゅぼーや株式会社

有機野菜・低農薬野菜、無添加食品の定期宅配サービスを提供しているらでぃっしゅぼーや株式会社。全国16万世帯の会員を抱える人気サービスです。同社はNTTドコモのグループ会社でもあり、それを活かしたITと野菜宅配を組み合わせた戦略で展開しています。競合にも差を引き離しており、同業他社の中で、会員数・売り上げともにトップを走ります。

30. 社会福祉法人 佛子園

高齢者や学生、障がい者など、およそ70人が一緒に暮らす「多世代共生タウン」を作っている社会福祉法人佛子園。年齢、性別、国籍、障害の有無に関わらず、さまざまな人びとが一緒に暮らせる町づくりに取り組んでいます。生活できる1つの町「Share金沢」にはその町だけで完結できるお店が揃っています。そのため高齢者や障害を抱えている方でも、働き口を見つけることができます。

31. 石坂産業株式会社

廃材処理プラント、リサイクル製品製造会社である石坂産業株式会社。産業廃棄物を石坂産業では95%減量化・リサイクルし、資源に変えている。同社の社長は「美人社長」で有名な石坂典子氏。父親から社長を引き継ぎ、当時30歳の若さで就任しています。当時は地域の迷惑施設とまで言われた会社を立て直し、今では地元民から信頼される会社にまで成長させました。

32. Spiber株式会社

2007年に設立されたSpiber株式会社。「クモの糸」をはじめとするタンパク質を素材として使いこなして新世代の基幹素材になることを目指して取り組んでいます。既にアパレル、自動車部品メーカーや医療関連企業などから事業提携の打診を受けています。あのNASAが人工合成クモ糸の開発を断念しているほど難易度が高いものですが、同社には期待したいですね。

33. 株式会社TBM

石灰石からつくる新素材LIMEXの開発、製造、販売を行っているベンチャー企業である株式会社TBM。同社には大手企業で「紙の神様」とも呼ばれていたベテランの技術者まで引き抜き、若い力と融合させて成長を続けています。同社の社長である山﨑敦義氏は中学卒業後、大工として働き始めました。たくさんの経験を経て、会社を牽引している同氏にも期待ですね。

34. 劇団わらび座

オリジナルミュージカルから、歌舞集まで年間1200回以上の公演を行う、劇団わらび座。秋田県仙北市の田舎町に同社は「あきた芸術村」を運営しています。そこにはホテルや温泉などもあり観光名所になっているほどです。その芸術村の中に地元、秋田を題材にした演目を取り揃え、台詞は秋田弁を用いるなど、地域密着型の劇を運営しています。

35. 株式会社石見銀山生活文化研究所

人口が、都内の中学校一つ分の人数ほどしかいない島根・石見銀山で創業された株式会社石見銀山生活文化研究所。伝統的な生地にこだわった服を販売しています。その他にも旅館やレストランと幅広く事業を展開しています。夫妻2人でスタートした会社は、今や150人もの社員を抱える企業になりました。今後も島根を盛り上げる企業として期待ですね。

36. 株式会社つばめ

多くの方が一度は名前を聞いたり、足を運んだことがあるであろう洋食店「つばめグリル」を運営している株式会社つばめ。同社は1930年に新橋で創業されました。終戦後の1946年に店舗を銀座に移し、経営方法を一新し、新鮮と手作りにこだわり抜くスタイルへと移しました。その結果、見事連日大繁盛のハンバーグ店となり、今でもその人気は衰えることを知りません。

37. 株式会社吉寿屋

菓子卸売業を行っている株式会社吉寿屋。同社は大阪府摂津市に本社を構えており、創業52年を迎えます。卸売業の他にも専門店である「お菓子のデパートよしや」を運営しています。通常の2割引きという破格の値段で販売しており、1400種類もの品揃えです。利益率の低い業界と言われる中で、業界トップの利益率を誇っています。

38. 株式会社日比谷花壇

フラワービジネスにおいてTOPクラスの実力を誇る株式会社日比谷花壇。あまり知られていないことですが、結婚披露宴で感謝の気持ちを込めて、両親へ花束を送るシーンは同社が最初にはじめました。近年は事業を広範囲に拡大しており、個人向けの葬儀のプロデュースや、高齢者向け住宅事業など新しい取り組みを始めています。

39. 株式会社福寿園

創業以来220年あまりの長い時間、日本の茶文化を守り伝えてきた株式会社福寿園。同社の茶はサントリーの「伊右衛門」として使われています。緑茶飲料で後発のサントリーの「伊右衛門」をここまで定番のお茶に育て上げたのは同社の支えがあったからこそなんですね。長い歴史を持つ同社ですが、今でも年商121億円とその勢いは留まるところを知りません。

40. 東京都知事 小池百合子氏

女性初の都知事として大きな話題を集めている小池百合子氏。東京オリンピック開催が近づいているということもあって、その手腕に期待が高まっています。エジプトの名門カイロ大学への留学経験など、あらゆる経験をしてきた同氏は、現在都知事として築地市場の移転問題やオリンピック関連の問題に日々奮闘中です。同氏が、どのようにして東京を今まで以上に魅力的な都市にしていくかに注目ですね。

41. 株式会社 千疋屋総本店

日本中、世界中から選りすぐった高給フルーツを販売し、人気も知名度も高い株式会社千疋屋総本店。同社は創業から182年の歴史を誇り、日本のフルーツ普及に大きく貢献してきました。メロン一つに1万5000円の値段が付けられているなど、まさに高給フルーツが並んでいます。東京日本橋にある千疋屋総本店以外にも、京橋の京橋千疋屋、銀座の銀座千疋屋なども有名です。

42. SFPダイニング株式会社

日本を豊かにする「食」の専門店集団を目指すSFPダイニング株式会社。いまや首都圏の多くの駅で見かけるほどになった24時間営業で知られる「磯丸水産」も同社が運営しています。以前は夜までの営業だった磯丸水産ですが、24時間営業に切り替えてから売上が急上昇。2020年東京オリンピックまでに250店舗を目指しています。

43. 株式会社ストライプインターナショナル

20年間アパレル企業として成長し続けてきた株式会社ストライプインターナショナル。アースミュージック&エコロジーを運営していることでも有名な会社です。毎年150店舗以上のペースで新たに店舗を出店しており、ユニクロなども脅かす存在になりつつあります。また、これまでアパレル分野で培ったノウハウを活かして、衣食住、ITとあらゆる領域に進出していくことを掲げています。

44. フジッコ株式会社

「フジッコーのおまーめさん」のCMで有名なフジッコ株式会社。日本の昆布製品のおよそ半分と豆製品の4割のシェアを同社が占めており、圧倒的な存在です。おまめで有名な同社ですが、ヨーグルトや大豆製品など多くの商品を製造しています。近年ではカスピ海ヨーグルトが有名です。1960年に創業された同社の更なる、新しいユニークな商品に期待したいですね。

一つ一つの企業にストーリーがある

今回の特集はいかがでしたでしょうか。こんな大企業かと思う企業もあれば、あの仕事をしているのはこの会社だったのかと言う企業もあります。まさに私たちの生活はこれらの企業の努力によって成り立っていると言っても過言ではないでしょう。私たちの社会は、そのような様々な企業の努力で成り立っていると思います。そんな企業努力を垣間見ることは、とても興味が湧いてきますね。