時代の寵児!六本木ヒルズにオフィスがある未来のグローバルIT企業〜前編〜

投稿日:2016-10-20更新日:2016-10-20

ライブドア、ヤフー、楽天などこれまで多くの有名IT企業がテナント入居してきた六本木ヒルズ。六本木ヒルズにオフィスを構えるということは企業ブランディング向上にも大きく影響するため、多くのベンチャー企業がそこへの入居を夢見ています。そこで今回は前編として、そんな六本木ヒルズにオフィスを構えているIT企業をご紹介します。

1. 株式会社Gunosy

情報キュレーションサービス・ニュース配信アプリを開発・運営している株式会社Gunosy。アプリをダウンロードをしている方も多いのではないでしょうか?同社は「情報を世界中の人に最適に届ける」をミッションに日々六本木ヒルズのオフィスを本拠地に構え取り組んでいます。業績は絶好調で、第1四半期(16年6~8月期)は前四半期比と比較して、売上高が10%増、営業利益が22%増と4四半期連続で増収増益を記録しています。

2. Fringe81株式会社

インターネット広告技術の開発およびコンサルティングを事業としているFringe81株式会社。同社は六本木ヒルズ森タワー8Fにオフィスを構えています。日本初のGoogleに認定されたプロダクトを抱えたり、世界最大の広告代理店WPPとの戦略パートナーシップを締結するなど世界的に認知されている期待大の企業です。

3. KLab株式会社

自社で企画・開発した良質なモバイルオンラインゲームを国内外で提供しているKLab株式会社。同社は2000年に設立され、オフィスは現在六本木ヒルズに構えています。ゲーム事業ではこれまで数々のヒット作を生み出してきました。また同社はシンガポール、サンフランシスコなどにもオフィスを構えており、グローバル展開を加速させています。

4. クルーズ株式会社

2001年に設立された、ソーシャルゲームやネット通販を中心に、世界中にインターネットサービスを提供するエンターテインメント企業であるクルーズ株式会社。同社も本社を六本木ヒルズに構えています。ゲーム事業をポートフォリオの中核として続けてましたが、先日コマース事業へ中核を切り替えることを発表して大きな話題となりました。

5. 株式会社メルカリ

日本最大のフリマアプリ「メルカリ」を運営している株式会社メルカリ。同社も本社を六本木ヒルズに構えています。アメリカを中心にグローバル展開を加速させており、日米合わせて4,000万ダウンロードを突破しています。日本で数少ないユニコーン企業としても知られており、世界で羽ばたく期待の日本企業として注目されています。

続々と入居する有名ベンチャー企業

六本木ヒルズには多くの今をきらめく急成長のIT企業が多く集まってきます。ここに入居することは一種の勲章でもあり、ブランディング向上にも繋がります。現在も今回ご紹介したメルカリのようにグローバル展開しようと考えている企業にとっては、「あのGoogleやApple、ゴールドマン・サックスと同じオフィス」という事実は一つのメリットにもなり得ます。そんな今回ご紹介した会社の今後の躍進に期待ですね。