経済不安も関係なし!欧州発の巨大ユニコーン企業5選

投稿日:2016.10.12更新日:2016.10.12

イギリスのEU脱退や、ドイツ銀行の経営悪化など何かと大きなニュースが話題を呼んでいる欧州地域。そんな混乱を巻き起こすような話題が続いている中、ビジネス方面では多くのユニコーン企業が誕生し、注目を集めています。そこで今回は欧州の、企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場の巨大ベンチャー企業を指すユニコーン企業をご紹介していきます。

1. Spotify(スポティファイ)

先日、日本に上陸し話題の中心になっている、世界最大の定額制音楽ストリーミングサービスを提供しているSpotify(スポティファイ)。同社はスウェーデン発の世界有数のユニコーン企業です。Apple musicをはじめとして、多くの競合がひしくめく世界の音楽市場において、1億人を超えるユーザーを抱えています。日本の音楽市場でも既にAWAなど多くの競合がひしめいている中、どう展開していくのか目が離せませんね。

2. Klarna(クラーナ)

Web/モバイル向け電子決済アプリケーションサービス「Klarna Checkout」を提供しているKlarna(クラーナ)。スウェーデン発のFintech企業です。同社のサービスはオンラインでの支払いシステムに登録していない顧客やクレジットカードのない顧客に対して販売を可能するもので、多くの店舗に利用されています。

3. BlaBlaCa(ブラブラカー)

フランス発のシェアリングエコノミーサービスでもあるBlaBlaCa(ブラブラカー)。このサービスは欧州を移動する現地の方の車に乗せてもらうために、ウェブ上でヒッチハイクができるサービスです。国際免許などを持っていなく、移動手段が限られている旅行客にとっては非常に便利なサービスなのではないでしょうか?現地の人との交流をする機会にもなるため良いことづくめですね。

4. Adyen(アジェン)

オランダのアムステルダムで創業されたAdyen(アジェン)。同社は国際的な決済サービスプロバイダとして事業を展開しています。187種類の取引通貨を用いて、250種類の決済方法を取り扱っています。FacebookやSpotifyなど名だたる企業から利用されている注目の企業です。

5. Global Fashion Group(グローバル・ファッション・グループ)

2011年にルクセンブルクで創業されたGlobal Fashion Group(グローバル・ファッション・グループ)。同社はファッション専門のオンライン通販サイトを運営しており、参下に5つのブランドを持ち、27カ国で事業を展開しています。ルクセンブルクの唯一のユニコーン企業として、多くの期待が集まっています。

欧州から世界へ

今、欧州はイギリスのEU脱退など混乱を招くような話題が続いています。そんな中、今回ご紹介したようなユニコーン企業が、世界の覇権を握るような企業へと成長を遂げることで、欧州を盛り上げて欲しいですね。今後のさらなる飛躍に期待です。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×