「飲食店」業界で企業理念がかっこいい企業5選

投稿日:2016.10.11更新日:2016.10.11

近年日本のファストフード業界は、コストパフォーマンスが優れていないと、生き残れないような厳しい状況になってきています。その中で現在もしっかり経営されている企業では、企業理念やビジョンに特徴を持ち、社員にも魅力的な内容になっています。ファストフードを含めた飲食店業界において、かっこいい企業理念をもつ企業を紹介します。

1. 株式会社吉野家ホールディングス

牛丼を世の中に発信したこの企業では、グループビジョンとして「FOR THE PEOPLE」すべては人々のためにを掲げています。人々のためを考える事で、社会に貢献できるという意味です。さらに吉野家ホールディングスは、「うまい、やすい、はやい」を大切にしています。高品質、相対価値や効率性、迅速性や納期などを意味しています。

2. 株式会社アールディーシー

社名だけではイメージがわきにくいこの企業は、回転ずし「がってんずし」を経営する企業です。こちらの企業では、「Good Person Good Company Good Future」を企業理念としています。直訳すると、よい人、良い会社、素晴らしい未来という意味ですね。「お客様を喜ばす顔がみたい」という真心が企業の成長に影響しているのですね。

3. キーコーヒー株式会社

コーヒーの製造販売の老舗ともいえるのではないでしょうか。鍵のマークのついたコーヒー豆の袋を見たことがある人も多いと思います。そんなキーコーヒー株式会社の企業理念は、「コーヒーを究めよう、お客様を見つめよう、そして 心にゆたかさをもたらすコーヒー文化を築いていこう」という内容です。生活にコーヒーは密着しており、私たちの生活に大きな役割を果たしていますね。

4. 株式会社力の源カンパニー

近年ラーメンは日本食として世界に誇る料理になりました。その中でも豚骨ラーメンの有名店、博多一風堂を経営している会社、力の源カンパニーの企業理念を紹介します。「変わらないために変わり続ける」というものです。変わらないおいしさを提供し続けるために、社員が一丸となって進化していくという意味であり、世界に誇るラーメン文化を支えるすごみを感じます。

5. 株式会社モスフードサービス

ファーストフードでお馴染み、モスフードサービスでは、「食を通じて人々を幸せにすること」をビジョンとしています。ファーストフードの中でおいしさを追求し、作り置きをしないお店で有名ですが、やはりおいしいものは人々を幸せにします。ビジョンをしっかり尊ぶ姿は、変わらぬ人気の秘密だと感じます。ちなみに「MOS」の意味は「Mountain、Ocean、Sun」を意味しているとのことです。

おわりに

気軽に立ち寄れるお店から高級感あるお店まで様々な飲食店ですが、今回紹介した企業は、生活に身近なお店を経営する企業ばかりでした。身近だからこそ、わかりやすい企業理念としているのかと感じました。飲食店業界は安心安全が第一主義です。この業界での就職を考えている人は、安心安全を当たり前として考えていく必要がありますね。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×