トヨタだけじゃない!「世界シェアNo.1」の日本企業 ~中国・九州編~

投稿日:2016.10.07更新日:2016.10.07

「日本が世界に誇る企業」を思い浮かべた時に、皆さんはどんな会社が頭に浮かぶでしょうか?自動車会社のトヨタであったり、家電メーカーのSONYなどが出てくるのが一般的ではないでしょうか?昨今、日本企業が衰退し、グローバルで影響力を出せていないなどの声が挙がっています。しかしながら、日本にはあまり知られていないにも関わらず、「世界シェアNO.1」の会社が数多く存在するのです。そこで今回は、中国・九州地方に本社がある「世界シェアNO.1 」企業をご紹介します。

1. 株式会社ヤナギヤ

食品加工機械、化学工業製品加工機械、医薬品加工機械に関する事業を展開している株式会社ヤナギヤ。1950年に設立された同社は中国地方の山口県宇部市に本社を構えています。水産練り製品のカニカマ製造装置では世界シェア約70%を占めていおり、存在感を放っています。北米、欧州はもちろん、アフリカなどの新興国にも積極的に進出しています。

2. 上野精機株式会社

半導体検査装置(テストハンドラ)の製造会社である上野精機株式会社。1972年に設立された同社は福岡県水巻町に本社を構えています。経産省が選ぶグローバルニッチトップ企業100選にも選ばれている優良企業です。そんな同社は半導体向け高速検査装置において世界シェア約80%を占めています。

3. 株式会社西村鐵工所

1945年に設立されたCDドライヤー、IBコンベヤなど環境にやさしい製品づくりを行っている株式会社西村鐵工所。同社は佐賀県小城市に本社を構えています。従業員は50名ほどですが年間7億円の売上を記録しています。省エネ型液体乾燥機では世界100%と驚異的な数字を叩き出しています。

4. 株式会社西部技研

1965年に設立された株式会社西部技研は福岡県古賀市に本社を構えています。除湿機・全熱交換器・VOC濃縮装置・機能性ハニカム積層体等、省エネ・環境保全機器のメーカーであり、揮発性有機化合物 (VOC)濃縮装置では世界シェア50%を占めているグローバル企業です。同社の今後のさらなる躍進に期待が高まります。

5. 日本タングステン株式会社

1931年に設立された歴史ある企業でタングステン・モリブデン等の精製・加工をしている日本タングステン株式会社。福岡県福岡市に本社を構えています。ハードディスクドライブ用磁気ヘッド基板では約70%を占めています。近年ビジネス都市として注目を浴びている福岡を牽引している存在です。

これからますます盛り上がりそうな中国・九州地方

近年は福岡を中心として、スタートアップ支援の動きが盛んになってきたりとビジネスの分野で非常に盛り上がってきています。そんな中、今回ご紹介した会社のようにグローバルに活躍する会社あることは、中国・九州地方をさらに盛り上げる要因にもなるでしょう。これらの会社の今後のさらなる躍進にも期待大です。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×