トヨタだけじゃない!「世界シェアNo.1」の日本企業 ~関西編~

投稿日:2016.10.07更新日:2016.10.07

「日本が世界に誇る企業」を思い浮かべた時に、皆さんはどんな会社が頭に浮かぶでしょうか?自動車会社のトヨタであったり、家電メーカーのSONYなどが出てくるのが一般的ではないでしょうか?昨今、日本企業が衰退し、グローバルで影響力を出せていないなどの声が挙がっています。しかしながら、日本にはあまり知られていないにも関わらず、「世界シェアNO.1」の会社が数多く存在するのです。そこで今回は、関西地方に本社がある「世界シェアNO.1 」企業をご紹介します。

1. 株式会社シマノ

1940年に設立された自転車部品と釣具の製造を主要な事業とするアウトドアスポーツ用品会社である株式会社シマノ。本社は大阪府堺市に構えています。自転車用変速機関連部品では世界シェア約80%を占めています。グローバル49拠点で、計13,000人を超える従業員が働いている巨大企業です。そんな同社のさらなる成長から目が離せませんね。

2. 株式会社カネカ

化成品、機能性樹脂、発泡樹脂製品、食品、ライフサイエンス、エレクトロニクス、合成繊維といった幅広い分野で事業を展開している株式会社カネカ。1949年に設立された同社は大阪府に本社を構えています。カツラやヘアウイッグに使う合成繊維はグローバルのシェアで50%を超えています。

3. 株式会社エンジニア

1972年に設立された大阪府大阪市に本社を構えている株式会社エンジニア。創業以来60年以上、電気・電子機器業界のプロフェッショナル向けの作業工具を製造販売しています。特にねじ外し専用ペンチに関しては世界シェア100%という驚異的な数字を記録しています。

4. 太陽工業株式会社

大阪市淀川区に本社を構える太陽工業株式会社。テント倉庫や膜天井施設など、膜構造建築物で世界トップクラスのシェアを誇ります。スタジアム、モスクなどの大型テント構造物では世界シェア約70%と圧倒的な数字です。世界で最も多くの実績を持つ膜構造のリーディングカンパニーとしてこれからもこの業界を牽引していくことでしょう。

5. テイカ株式会社

1919年に設立され、独自の技術力を活かした化学工業薬品を製造・販売している原料メーカであるテイカ株式会社。日焼け止め向け微粒子酸化チタンなどを製造しており、世界シェアは約60%となっています。2019年には創業100年を迎える伝統ある同社の今後のさらなる成長に注目です。

関西から世界を盛り上げよう

今回ご紹介した5社以外にも、関西地方には世界シェアTOPの獲得している会社はまだあります。東京と比較されがちな大阪をはじめとして関西には会社数も多く、グローバルに展開していこうとしている会社が多いからこその結果でしょうか。実はBtoCの有名な会社より、こういったBtoBの日本企業の方がグローバルで活躍しているのかもしれませんね。関東だけでなく、関西からも世界を盛り上げる新たな企業にも注目です。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×