絶対に知っておくべき世界で最も価値ある企業ブランドランキングTOP10

投稿日:2016.10.06更新日:2016.11.16

企業のブランド価値というのは単なるPR戦略の一貫だけでなく、そのブランド価値から将来の利益を予測していくこともできるのです。それでは、世界でブランド価値のある企業はどんな会社なのでしょうか?今回はForbesが発表した2016年版「世界の最も価値あるブランド」ランキングに選ばれた上位10社を発表します。

10位. General Electric(ゼネラル・エレクトリック)

10位にランクインしたのはGeneral Electric(GE)。世界最大のコングロマリットであり、航空機エンジンから産業用ソフトウェア、センサ、金融事業と多くのビジネスを展開しています。創業者はあのトーマス・エジソン。これだけで企業ブランド価値が高いことは予想できますね。同社は今後採用する20代の社員に関しては、プログラミング能力を必須の能力とするなど時代の流れの先頭を立つ取り組みをしています。

9位. McDonald's(マクドナルド)

世界最大のファーストフードチェーン店であるMcDonald'sが9位にランクインしました。近年は業績不振に苦しんでいましたが、また息を吹き返しつつあり伝統企業の凄さを感じさせています。世界標準の宣伝文句にもなっている「i'm lovin' it(私のお気にいり)」は皆さんもご存知ではないでしょうか?

8位. The Walt Disney Company(ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー)

8位にはディズニーでお馴染みのThe Walt Disney Companyがランクインしました。1923年に設立された同社は小さい子どもから老人まで世界中の人々に愛され続けてきました。同社はテーマパークだけでなく、TV局などを抱えているメディア企業でもあります。Twitterを買収するという噂もされており、同社の今後の展開から目が離せませんね。

7位. IBM(アイ・ビー・エム)

1911年に設立されたITカンパニーであるIBMが7位にランクインしました。ITに関わる様々な分野でビジネスを展開している同社は、時代の流れに応じて集中するビジネスを変えてきました。現在は人口知能に注力しており、同分野において世界の先頭にいます。また、日本でもソフトバンクなどとパートナシップを結んでいます。企業ブランド価値もまだまだ健在であり、今後の動向に注目が集まります。

6位. トヨタ自動車株式会社

日本が世界に誇るトヨタ自動車株式会社が6位にランクインしました。同社のスタイルである「カイゼン」という言葉は今や世界でも知られる言葉となりました。オリンピックのワールドワイド公式パートナー契約を結んでおり、ブランド力も抜群の会社です。アメリカを中心とした外国企業の存在が目立つ中、日本企業の星としてさらなる躍進に期待ですね。

5位. Facebook(フェイスブック)

5位にランクインしたのはソーシャルプラットフォームを運営するFacebook社。同社の誕生はわずか12年前の2004年。たった12年で今や時価総額世界トップクラスまで登りつめました。そんな同社は企業ブランド価値でもたった12年で世界5位にランクイン。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いであり、これからも世界を変える仕組みを多く創り出していくことでしょう。

4位. Coca-Cola(コカ・コーラ)

4位にはCoca-Cola(コカ・コーラ)がランクインしました。私達一般人にとっても、子どもの頃から身近な存在でありランクインにも納得ですね。1886年に誕生し、愛され続けてきたコカ・コーラはこれからも私達にとって身近なブランドであり、心を離さないでしょうね。

3位. Microsoft(マイクロソフト)

世界中の家庭にPCを普及させた伝説のビル・ゲイツ率いたITカンパニーであるMicrosoft。「地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする」を企業ミッションとして、世界中の人々の豊かな暮らしに貢献しています。近年はクラウド事業なども勢いを増しており、新しい社長の元、Microsoft完全復活の日も近いのではないでしょうか?ブランド力は依然として健在で、3位にランクインしています。

2位 Google(グーグル)

2位にはGoogleがランクインしました。もはや私達が日々生活する中でGoogleのサービスを使わない日はないのではないしょうか?同社には世界中から多くの優秀エンジニアが集まってきます。近年はAIや自動運転などにも力を注いでおり、新たな分野での収益源獲得、そして何より世界に新たな価値を生み出そうと爆走しています。

1位. Apple(アップル)

そして栄光の1位にはAppleが選ばれました。iPhoneはまさに私達の生活を変えた、世界を変えた世紀の発明といっても過言はないでしょう。そんな同社もGoogleと同様に自動運転など新たな領域に取り組んでいます。徹底した秘密主義を貫く同社のスタイルもブランド力を高める要因になっているのかもしれませんね。

日本企業の台頭に期待

TOP10にランクインした会社はトヨタを除いて、全てアメリカの会社がランクインしました。それだけアメリカの世界への影響力はまだまだ大きいということなのでしょうか…いつの日か、複数の日本企業がこのブランドランキングにランクインできる日が来るといいですね。

いかがでしたでしょうか?
以下、実際にこうした外資系企業に転職を成功させた方の経験談を元にしたオススメの記事です。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×