「ゲーム・おもちゃ」業界で企業理念がかっこいい企業5選

投稿日:2016.09.30更新日:2016.09.30

子供から大人まで夢中に遊べるゲームやおもちゃを作っている企業は、私たちに日々の楽しみを与えてくれていますね。この業界は、テレビCMなどに出るような大手企業が多く、企業理念をCMなどでも使用するキャッチコピーにしている会社もあります。おもちゃ・ゲーム業界における印象的な企業理念を掲げる会社を紹介します。

1. 株式会社スクウェア・エニックス

ゲームをやる人であれば、誰もが知ってるRPGゲームを世に送り出した会社です。この会社の企業理念は「最高の「物語」を提供することで、世界中の人々の幸福に貢献する」という、普通に創造できる企業理念と一味違っています。それぞれのお客様が喜び、うれしい気持ちになることで幸せにつながっていくという意味であり、この会社から発信されるコンテンツに期待が高まりますね。

2. 株式会社カプコン

カプコンといえば、有名な格闘ゲームを世に生み出した企業です。カプコンの企業理念は、「遊文化をクリエイトする感性開発企業・カプコン」です。ゲームというエンターテイメントを通じて世の中へ「遊文化」を提供し人々へ感動を与えることを理念としています。企業理念にある「遊ぶ」こと「創造」することに注力しているからこそ、有数のヒットゲームソフトを生み出しているのですね。

3. 株式会社タカラトミー

小さい子供には、なじみのある「タカラトミー」の企業理念を紹介いたします。タカラトミーの企業理念は「夢」です。「すべての「夢」の実現のために新しい遊びの価値を創造します。」を中心に、子供から大人まで、会社に関連するすべての人、社会の夢の実現のために遊びを創造すると唱っています。毎年新しくもなじみやすいおもちゃを売り出しているタカラトミーの根幹は企業理念にしっかり表現されています。

4. 株式会社レベルファイブ

「世界一のブランドを目指す旅の途上にて」から始まる企業理念を持つのは、株式会社レベルファイブです。レベルファイブは少年時代、ゲームで遊んでいた社長が今の子供にもワクワクしてもらえるゲームを作りたいと想いスタートした会社です。今や名だたるゲーム会社に並び、ヒットをたくさん生み出している会社ですが、子供を喜ばせたいという気持ち、ひいてはそこから社会に貢献するという事を読み取れます。

5. 日本マイクロソフト株式会社

日本マイクロソフト株式会社は、いうまでもなく、マイクロソフトコーポレーションの日本法人です。企業ビジョンはマイクロソフトと同様「地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする」を掲げています。マイクロソフトは、この地球上にパソコンを普及した会社であり、「より多くのことを達成できるようにする」べく、パソコンを普及させたといっても過言ではありません。

おわりに

ゲーム・おもちゃ業界は、革新的、未来的な印象の企業理念が多いように感じます。それぞれの企業理念にあるように、遊びから文化を発信し、そして社会に貢献しているということがわかります。ゲームやおもちゃは子供から大人まで魅了され、今なお、新しいものを求められるものです。楽しさ、遊びを追求したいと考えている方は、こういった業界での仕事がお勧めと言えます。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×