LGBTフレンドリーなIT企業5選

投稿日:2016.09.30更新日:2016.10.05

IT業界は比較的新しい取り組みに関して寛容であり、新たなムーブメントに先頭に立って参加することが数多くあります。LGBTに関してもその動きは例外ではありません。積極的にLGBTの方への職場環境を改善させるための先進的な取り組みを行っている会社が多くあります。そこで今回がいち早く積極的にLGBTを受け入れているIT業界の会社をご紹介します。

1. ライフネット生命保険株式会社

安くて便利な保険商品を、インターネットで提供している生命保険会社のライフネット生命保険株式会社。ネット生保の先駆者としても有名な会社です。そんな同社は初めてLGBT向けの保険を用意したことでも知られています。お客様向けのLGBTプランを用意するだけでなく、社内でLGBT研修を行うなど活発に取り組んでいます。

2. KDDI株式会社

現在グローバル展開を急速に加速している、通信会社のKDDI株式会社。同性カップルも家族割の対象に適用するようするなど先進的な取り組みを積極的に展開しています。また採用において性別欄を撤廃するなど平等な基準を設けています。大手通信会社がこうした動きに進んで取り組むことによって、多くの会社がこれに続くと思われます。

3. 株式会社インソース

ITサービス、研修講師派遣等などの事業を展開している株式会社インソース。同社はお客さまのダイバーシティ推進を支援しており、民間企業や官公庁のLGBTへの取り組みにも協力しています。また2015年秋より積極的なLGBT人材採用も開始しており、オープンな環境で働くことができるのではないでしょうか。

4. ソフトバンクグループ株式会社

孫正義氏率いる巨大企業ソフトバンクグループ株式会社。「情報革命」をコンセプトにこれまで数多くの革命を起こしてきまた。あらゆる場面で先頭に立ってきた同社がLGBTへの取り組みも積極的に行っています。採用でも多様性溢れる社員の獲得のためLGBTの方も積極的に受け入れる姿勢を見せています。

5. Netflix

動画配信サービスで展開しているNetflix。米国では今やTVより当たり前の存在になっており、その勢いは加速するばかりです。日本にも2015年秋に上陸し、フジテレビと提携するなどと話題になりました。LGBTに対しても寛容な姿勢を打ち出しており、積極的に採用しています。

IT業界中心にムーブメントを起こそう

LGBTに関してまだまだ認識が広まっていない中、IT業界が中心になってなってこうしたムーブメントを起こしていくことは本当に重要なことです。今後はIT以外の業界からの取り組みが増え、LGBTへの理解が進むことを切に願っています。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×