あのForbes JAPANにも選ばれた! 社長力ランキング後編・6〜10位

投稿日:2016.09.26更新日:2016.09.26

日本経済が縮小傾向にある中、企業として存続し、成長し続けていくためには社長のリーダーシップが重要になってきます。社長の意思決定一つでその企業は大きく変化してしまいます。今回はForbes JAPANが選んだ、「社長力ランキング2016」で6〜10位にランクインした社長が在籍している会社をご紹介します。

1〜5位はこちら→あのForbes JAPANにも選ばれた! 社長力ランキング前編・1〜5位

10. 信越化学工業株式会社

10位には世界最大手化学メーカーである信越化学工業株式会社を率いる斉藤恭彦氏がランクインしました。同社は塩化ビニル樹脂と半導体シリコンで世界トップクラス、シリコーン樹脂では国内トップクラスなど複数の強い製品を持っています。斎藤氏は長期に渡る海外経験など豊富な実績を持っており、今年の2016年に副社長から社長に就任しました。

9. 伊藤忠商事株式会社

5大総合商社の一角である伊藤忠商事株式会社。競合他社に比べ近年業績も好調です。そんな同社の社長である岡藤正広氏は東京大学経済学部卒業後に、新卒で同社に入社しました。日本を代表する経営者としても知られており今回のランクインに繋がりました。通常の任期は終えていますが、続投しており周囲からの期待も高くなっています。

8. 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ

8位にはメガバンクの三菱東京UFJ銀行を保有している、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの平野信行氏が選ばれました。日本の金融業界において圧倒的な存在感を放つ同社はグローバル市場においても勢力を広げつつあります。平野氏は従業員3万5,214名(2015年3月末)に先頭に立って同社を牽引しており、若い頃から将来の頭取候補として期待されていました。ニューヨーク駐在なども経験している国際派であり、今後のグローバル展開の加速にも期待が集まっています。

7. 塩野義製薬株式会社

感染症、がん疼痛、代謝性疾患など多岐にわたる領域で、医薬品を提供し続けている塩野義製薬株式会社。そんな同社を率いる手代木功氏が7位にランクインしました。手代木氏は東京大学を卒業後、同社に入社しました。経営企画部長などを経験した後の、2008年に社長に就任しています。

6. ANAホールディングス株式会社

航空会社グループの代表格であるANAホールディングス株式会社の片野坂真哉氏が6位に選ばれました。LCCの活用など新たな事業も積極的に展開しており、オリンピックも開催されるため、今後の業績にも期待が集まっています。片野坂氏は東京大学卒業後新卒で同社に入社。人事部長などを経て、社長に就任しています。

ビジネスマンとしても人間としても超一流

今回は6〜10位にランクインした社長がいる会社をご紹介してきました。今回ご紹介したような会社のトップに立つことは並大抵な覚悟では務まりません。社員や多くの人々の暮らしがかかっていることを考えると、そのプレッシャーは計り知れません。そんな重圧のもと日々戦っている社長に今後も注目です。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×