未来の上司は外国人!?外国人籍の管理職が多い企業5選

投稿日:2016.09.12更新日:2016.09.12

グローバル化の影響で、日本においても外国人籍の社員が企業に在籍することは珍しいことではなくなりました。そんな中、そうした外国人の方々を管理職クラスの待遇で採用している会社はまだ多くはありません。そこで今回東洋経済のデータを参考に外国人籍の管理職が多く在籍している会社を5社ご紹介します。

5. 富士通株式会社

通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにこれらに関するサービスの提供をしている富士通株式会社が5位にランクインしました。これまでの日本の発展に大きく貢献をしてきた会社である同社はオリンピックゴールドパートナーも務めています。そんなグローバルに展開している同社には外国人管理職の方もおり、活躍しています。

4. トヨタ自動車株式会社

日本のみならず世界を代表する自動車会社であるトヨタ自動車株式会社が4位にランクインしました。世界一の自動車会社である同社は、当然そ欧米のみならず世界中にビジネスを展開しており、現地法人も多く抱えています。外国人管理職だけでなく、外国人従業員も多く、ダイバーシティ溢れる会社になっています。そんな同社は、今後自動運転などのイノベーションの流れにどこまで他国の企業に負けず、対応できるかに注目が集まっています。

3. あおぞら銀行

全国に20店舗を展開し、少数の行員が、特定の層の顧客に対して専門性の高い金融ビジネスを提供している株式会社あおぞら銀行。同社には管理職だけでなく、外国員役員も在籍しておりダイバーシティ溢れる会社になっています。ニューヨーク、上海、シンガポールにも事務所を構えており、海外展開を進めています。

2. 三菱重工株式会社

2位にランクインしたのは宇宙機器、船舶、発電プラント、環境装置、産業用機械、エアコンなどの製造・販売・エンジニアリングを事業としている三菱重工業株式会社。700以上の産業活動の基盤となる製品を世界中に届けてきました。当然グローバルに展開しており、外国人管理職を多く抱えています。歴史ある日本を代表する会社ですが、今後にも期待大ですね。

1. 日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM)

世界最大級であるIT企業であるIBM。その日本法人である日本アイ・ビー・エム株式会社が1位に輝きました。日本市場においてもソフトバンクのPepperとIBMのWatsonで提携を組むなどしており、今後のさらなる成長に期待が集まっています。そんな同社は外国人管理職を多く抱えています。

多様性溢れる会社で働こう

こうした多様性溢れる会社で働くことは、外国人だけでなく日本人にとっても貴重な経験となることは間違いありません。これまで気付くことがなかった新たな価値観や人生観に触れる機会も多くあると思います。また、上司が外国人という特殊な環境は必ず貴重な経験として将来に繋がるはずです。会社選びはこういった観点から選んでもいいかもしれませんね。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×