「自動車・バイク」業界で企業理念がかっこいい企業5選

投稿日:2016.09.05更新日:2016.09.05

自動車・バイク業界は男性からのあこがれでもあり、近年女性でも自動車業界、バイク業界で働きたいという人も増えています。また、自動車においては、車だけで自動で止まるなどロボットのような動きになってきています。今回、この自動車業界において、企業理念がかっこいい企業を集めてみました。わかりやすく、印象的な言葉を紹介します。

1. トヨタ自動車株式会社

今回かっこいい企業理念を選んたのですが、世界のトヨタの企業理念はかっこいいよりは、具体的にしっかりしているイメージかもしれません。しかし内容はとてもかっこいいので紹介いたします。「オープンでフェアな企業活動より国際社会から信頼される」「革新的な経営により社会と調和する」等です。世界のトヨタは、グローバルなイメージより地に足をつけてしっかりした内容を唱えることで、信頼を得るということを実践しているのです。

2. 本田技研工業株式会社

Hondaでは、企業理念を「Hondaフィロソフィー」として掲げています。単純な企業理念というだけではないという点もかっこよさを感じます。企業理念は基本理念と社是運営方針から成り立っており、基本理念は「人間尊重」として自立、平等、信頼、また「3つの喜び」は買う、売る、創る喜びとしています。理念は難しい言葉も多いですが、Hondaの理念は非常に受け入れやすいですね。

3. 川崎重工業株式会社

川崎重工業では、グループタグラインとして、「Powering your potential」として「お客様と社会の可能性を切り拓く力となるという想いがこもっています。タグラインというのは、企業の理念やビジョンといった「想い」を発信していくものです。英語で表現すると短い文章でまとまってかっこよさをより感じますね。

4. マツダ株式会社

マツダは独自の自動車開発を通して北米を中心に規模を拡大し、車をよく知っている人達から支持されるブランドであります。コーポレートビジョンは、「私たちはクルマをこよなく愛しています」から始まります。とても印象的ですね。カーライフを通じて人生に輝きを与えたい、地球と社会と共存する、そして社員が挑戦することを楽しむという内容ですが、楽しんで作ることが独自のかっこよさを生むのではないでしょうか。

5. フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社

フォルクスワーゲンといえば、日本で最も身近な輸入車ブランドとして地位を確立しています。フォルクスワーゲンのブランドバリューは、「valuable」「Innovative」「resuponsible」です。価値ある、革新的な、責任感のある企業であること、また、このブランドバリューと魅力ある商品をしっかり届けるためにチームワークの力で取り組んでいます。

おわりに

単純な企業理念という形ではなく、英語を使ったり、ビジョン、タグライン等を用いて、わかりやすく提示している事がわかります。日本語よりも英語のほうが、端的でありストレートでありわかりやすいと言えるのではないでしょうか。そんな中、昔ながらのきれいな日本語で地に足をつけた理念を持つ企業もありました。日本の良さ、細やかさもそこには表れているように感じました。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×