時価総額1兆5000億以上!大阪・京都に本社がある会社

投稿日:2016.08.29更新日:2016.11.10

東京に並び、ビジネスの中心である大阪近郊には多くの有名企業が本社を構えています。それらの会社は時価総額において全国トップクラスを誇ります。今回はそんな大阪近郊に本社がある2016年8月時点で時価総額1兆5000億円以上の会社をご紹介します。

1. 株式会社キーエンス

1974年設立の大阪に本社を構えるキーエンス。 FA(ファクトリーオートメーション)用各種センサなどの開発・製造・販売を行っています。現在44カ国200拠点でグローバルに事業を展開している日本を代表する会社でもあります。また、高年収で有名な同社の平均年収は1,440万円となっており、超優良企業として評判が高い会社です。2016年8月時点での時価総額は4兆3千億強になっています。

2. 武田薬品工業

医薬品業界最大手の武田薬品。2016年8月現在の時価総額は3兆5千億強となっています。医薬品、医薬部外品等の製造・販売・輸出入。医薬品は、病院などで医師の診断により処方される「医療用医薬品」と、薬局・薬店で市販されている「一般用医薬品」に大別されますが、同社は「医療用医薬品」が売上の約9割を占めています。

3. ダイキン工業株式会社

空調機器、冷凍機応用製品、油圧・潤滑機器、フッ素化学製品などの製造、販売、輸出を行っているダイキン工業株式会社。世界145カ国に事業を展開しており、売り上げの7割以上を海外で生み出すグローバルリーディングカンパニーです。連結で6万人弱の社員を抱えている巨大企業です。2016年8月現在の同社の時価総額は2兆7千億弱です。

4. 京セラ株式会社

「The New Value Frontier」京セラ株式会社。2016年8月現在の時価総額は1兆6千億強となっています。素材から部品、デバイス、機器、さらにはサービスやネットワーク事業にいたるまで、多岐にわたる事業をグローバルに展開している京都の優良老舗メーカーです。数々の世界トップクラスシェア製品を保有しており、様々な場面でビジネスや暮らしを支えています。太陽の光エネルギーを電気に換える太陽電池、デジタル複合機やその内部に使用されている様々な部品、携帯電話やPHSなど身近なところで活躍しています。

5. 株式会社クボタ

1890年に創業された歴史ある株式会社クボタは「機械(農業・産業)」、「水・環境システム」などの 事業分野システム・製品の研究開発・製造および販売を行っています。セグメントで分けると機械事業が売上の約75%を占めています。従業員は連結で3万5千人を超えています。そんな同社の2016年8月現在の時価総額は、1兆8千億弱となっています。

大阪から世界へ

今回ご紹介した会社のように大阪近郊に本社があり、時価総額が高い会社は他にも数多くあります。そうした会社は日本全国に大きな影響を与えています。東京だけでなく、大阪から日本を盛り上げ、グローバル企業に育っていく会社が他にも多く現れることを期待しています。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×