名作を生み出すたった一つの秘訣|ゲーム好きが集まる会社

投稿日:2016.08.24更新日:2016.08.24

ゲームは日本の得意分野でもあり、世界中でこれまで多くの日本発のゲームがヒットしてきました。そうしたゲームに出てくるキャラクターは世界中で愛され、日本の象徴にもなっています。実際に、先日行われたリオ五輪の閉会式での日本による演出には、マリオなどのキャラクターが登場し高い評価を受けました。こうした世界中で愛される作品を創りだすには、本人自身のゲームへの愛がなければなりません。今回はそんなゲームが好きで好きでたまらない人達が集まる会社をご紹介します。

1. グリー株式会社

2004年に設立、2010年に東証一部上場を果たし、設立10周年を迎えた日本を代表する大手インターネット事業会社のグリー株式会社。Nativeゲーム事業だけでなく、『GREE』サービスの企画開発や、Nativeゲーム事業、広告・アドネットワーク事業、ライセンス&マーチャンダイジング事業、ベンチャーキャピタル事業など、様々なインターネットサービスを展開しています。これまで、Web業界を牽引してきた存在であり、ゲームに関わる大きな事業に挑戦したい人にはチャンスがたくさんある会社でしょう。

2. 株式会社キュービスト

1995年創立、ゲーム攻略本、取扱説明書を通じて「ゲームの楽しさ」を伝えている株式会社キュービスト。取扱説明書は国内外の主要メーカーの取扱説明書を数多く制作しています。ゲームの攻略本も数々の有名タイトル攻略本を手掛けてきました。ゲームの開発とは違った面白さがあるのではないでしょうか。ゲーム好きな人が多く集まる会社として評判です。

3. 株式会社ネクソン

150か国以上の国でサービスを展開し、累計登録ユーザーは15億人超(2013年度時点)を抱えている株式会社ネクソン。全世界にあるグループ会社をまとめるヘッドクオーター機能を日本のネクソンは持っています。日本におけるゲーム事業の運営はもちろん、グローバルでゲームに携わりたい方にはうってつけのフィールドです。

4. 任天堂株式会社

言わずとしれた日本のゲーム業界を代表する任天堂株式会社。これまで多くのヒット作を生み出してきてた同社は、現在スマホゲーム事業にも力をいれており、DeNAと同事業において提携を結ぶなど改革を進めています。世界中で大ブームを巻き起こしている「ポケモンGO」も同社の子会社である株式会社ポケモンによるものであり、任天堂の株価も上昇しました。

5. ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社

オンラインゲームの開発・運用、コンシューマーゲームの開発、スマートフォン向けゲームの開発・運用を行っているガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社。パズル型RPGゲーム『パズル&ドラゴンズ』は国内累計3,100万ダウンロード(平成26年10月現在)を記録し、同社の平成25年12月の決算では売上高前年比+531.8%の大幅増加を記録したほどです。

名作を生み出すには、ゲームを愛せ

好きなことや、趣味がそのまま仕事になれば、それはとても素敵なことです。また、多くの人に愛されるゲームを作るには、開発者自身がゲームを愛していなければなりません。これこそが名作を生み出すたった一つの秘訣なのではないでしょうか今回ご紹介した会社にはゲーム好きが多く集まっています。こうした人が多い会社からは、これからも名作が生まれるのではないでしょうか。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×