転職人気ランキング│DODAでも選ばれたエンタメ企業5選

投稿日:2016.08.23更新日:2016.08.23

日本のエンタメ業界に含まれる映画、漫画、ゲームなどは国内のみならず世界中から評価されており、日本の文化としても定着しています。今回のリオオリンピックの閉会式での日本による演出にも、ドラえもんなどの国民的人気キャラクターが登場しました。今回はDODA転職ランキング2016でも選ばれたエンタメ業界の転職市場において人気の上位5選をご紹介します。

1. 株式会社オリエンタルランド

テーマパーク、複合型商業施設、ホテル、モノレールといった分野での事業開発を行っている株式会社オリエンタルランド。あの「東京ディズニーランド・シー」も同社が運営をしています。子どもから大人まで、幅広い世代に愛され続けているディズニーランドはビジネスパーソンにとっても魅力的な職場なのかもしれませんね。

2. 任天堂株式会社

言わずとしれた日本のゲーム業界を代表する任天堂株式会社。任天堂傘下の株式会社ポケモンが手掛ける「ポケモンGO」は世界中で爆発的大ヒット中で、株価も上昇しています。これまで多くのヒット作を生み出してきてた同社は、現在スマホゲーム事業にも力をいれており、DeNAと同事業において提携もしており、ポケモン以外でも期待ができそうです。

3. 株式会社バンダイ

「夢・クリエイション~楽しいときを創る企業~」という企業スローガンのもと、さまざまな事業を展開している株式会社バンダイ。同社の事業領域は、玩具から、プラモデル、玩具菓子・菓子・食品、カプセルトイ、カード、アパレル、生活用品にまでその裾野を拡げています。「子どもに夢を与えられそう」といった理由から転職希望者が殺到しているようです。

4. Pixar Animation Studios

ウォルト・ディズニー・カンパニーの完全子会社である同社はコンピューターグラッフィクやアニメーションを得意としている映像制作会社です。同社の主要作品にはディズニー関連のものが多くあることで知られています。トイ・ストーリーシリーズなど数々の名作を手がけてきた、同社には多くの転職希望者が集まってくるそうです。

5. 株式会社スクウェア・エニックス

ゲーム業界のリーディングカンパニーであるスクウェア・エニックス。スクウェア・エニックス・ホールディングス傘下の日本でのゲームソフト販売・開発会社、出版社として位置づけられています。誰もが知っているであろう「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」といった人気ゲームを世に出したこてでも知られています。最先端の設備投資にお金を惜しまない同社には優秀な技術者が多く集まっています。

世界に誇る日本のエンタメ産業

エンタメ業界の会社は私達の日常生活に親しみある事業を展開している会社ばかりです。そのため馴染みがある分、多くの転職希望者が他業界からも集まるようです。国内のみならず、世界にも誇れる日本のエンタメ産業で働くことはとても魅力的なのではないでしょうか。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×