転職人気ランキング│DODAでも選ばれた人気外資系IT企業5選

投稿日:2016.08.23更新日:2016.11.16

日系企業ではなかなか触れることの出来ない最先端のテクノロジーを利用している外資系IT企業に憧れを持つ方は多いかもしれません。今回はDODA転職ランキング2016でも取り上げられた外資系IT企業をご紹介します。

1. 日本オラクル株式会社

オラクルは、米国シリコンバレーに本社を置く、年商約4兆円のグローバルIT企業です。日本オラクルにおいても、2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会までに「No.1 クラウド・カンパニー」になることを目標とする「VISION 2020」を掲げています。外資系の日本法人にしては珍しく一部上場してます。平均年収は1000万を超えており、転職市場においても多くのビジネスパーソンがオラクルへの転職を希望しています。

2. 日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM)

世界最大級のIT企業として名高い日本IBMは転職市場においても高い人気を誇っています。同社はこれまで時代に応じて事業モデルを変え、対応してきました。今後は、世界でも競合他社より一歩リードしている人口知能「Watson」を軸に事業展開していく予定です。日本市場においてもソフトバンクのPepperとIBMのWatsonで提携を組むなどしており、今後のさらなる成長に期待が集まっています。最先端のテクノロジーに携わりたい方にはピッタリのフィールドです。

3. アクセンチュア株式会社

アクセンチュアは幅広いサービスとソリューションを提供する世界最大級の総合コンサルティング企業です。世界最大の規模を誇るデリバリーネットワークに裏打ちされた、40を超す業界とあらゆる業務に対応可能な豊富な経験と専門スキルは日本市場においても大きな強みとなっています。高給取りというイメージも強く、転職市場において安定した人気を誇っています。

4. Apple Japan合同会社

今は亡きカリスマCEOスティーブジョブスが率いたAppleは、まさしく世界を変えました。2007年にiPhoneが誕生してから、わずか9年でスマホは当たり前のものとなり、なければ困る必需品になりました。そんな同社は新しいCEOの元、新たなイノベーションを起こすべく取り組んでいます。転職市場においても、圧倒的な人気を誇り、多くのビジネスパーソンにとって一番行きたい会社にも選ばれています。

5. 日本マイクロソフト

言わずと知れた、ITカンパニーであるマイクロソフト。「地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする」を企業ミッションとして、世界中の人々の豊かな暮らしに貢献しています。直近ではビジネス版SNSサイトであるLinkedInを買収するなど、積極的な動きを多く見せています。そんなクラウド市場などで新たなに存在感を表しはじめている同社には、IT系の競合他社から多くの優秀な人材が集まってきます。

結果を残せれば魅力的な環境

「up or out」と呼ばれるように外資系企業では結果を残せなければリストラされることもあり得ます。しかし、成果を残せば大きな報酬を得ることができます。またIT分野においては日系企業よりも技術面において大きくリードしています。現職で大きな実績を残し、さらなるキャリアアップを図りたいビジネスパーソンには魅力的な世界になるでしょう。

いかがでしたでしょうか?
以下、実際にこうした外資系企業に転職を成功させた方の経験談を元にしたオススメの記事です。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×