大阪のITベンチャー 営業で『週休2日制』の会社

投稿日:2016.08.10更新日:2016.08.10

大阪は本州の中心あたりにあります。大阪市の現在の人口は250万人広さ約221平方キロメートル。大阪府には約870万人が住み約1905平方キロメートルの広さがあります。面積は全国の都道府県の中で下から2番目ですが日本全国の人口の7%が大阪府に集約しています。

よく耳にする週休2日制とは、1ヶ月の間に週2日の休みのある週が1度以上ある状態の事です。1か月の間に週に2日休みのある週が1度でもあれば週休2日と表現する事ができるのできるのです。これは必ず週2回の休みがあるというわけではなく、残りの週の休みは週1日というケースもあり、週休2日という言葉から必ず1週間に2日休みのある状態だと勘違いをしている人が多いようです。

アドテクノロジー事業、インターネットマーケット事業を中心にリスディングや検索エンジンの最適化サービスのSEM事業等インターネット広告サービスを総合的に提供する広告代理店様々な事業を手掛けています。

インターネットマーケティング等に関するコンサルティング営業が主な仕事内容で業界や業種を問わず幅広いお客様を対象とした、Webサイト課題の解決のための提案を行います。社内の雰囲気はメンバーのモチベーション高くお互いに切磋琢磨していける環境になっています。 

Web廃車サービスなどのwebサービス事業、webメディア事業、ソフトウェア開発・運営事業を行っているベンチャー企業の株式会社ラグザス・クリエイトです。自社webサイトで廃車申込を受けてオークションで加盟企業からの入札を募っています。

自社サービスである「Smart オークション」を利用する法人のユーザーを増やし利用頻度を高めフォローなど法人ユーザーへ電話やメールでの営業が主な仕事内容です。コミュニケーション能力がありお客様の立場に立って考えられる方を歓迎します。週休2日制で無理なく働けます。 

業界は問わず5000社以上、年間約20000件の寄せられてくるマーケティング課題をリサーチを使って消費者の声を集めて分析して様々な企業のマーケティングプロセスに起こる課題分析のサポートを行っている株式会社マクロミルです。

大手メーカー、大手総合広告代理店に対する新規法人、部署開拓営業や既存顧客の守備、拡大営業が主な仕事内容です。高い成長意欲があり目標達成に向けて努力を惜しまない方を求めています。週休2日制で年間休日120日以上となっていて無理なく働けます。 

企業向けのITインフラソリューション、システムソリューションの提供や総合業務システムの「ZACEnterprise」の開発・販売等のビジネスソリューション事業とコミュニケーションデザイン事業を行っているITベンチャー企業です。大手クライアントを中心とした経験と実績があります。

映像やweb制作などのコンテンツ制作事業、ソーシャルメディアマーケティングなどのPRプロモーション事業、動画広告などのメディアサービス事業、コミュニケーションデザイン事業を行っています。多数の様々な大手企業・代理店からご依頼を得ていてそのニーズはどんどん高まっています。

自社の様々なサービスを持ってどのような企業とどのような仕事をしたいかを自ら考えクリエイターやプロデューサーと協力して営業を行います。映像、RR、web・デジタルコンテンツ等の知識が身に付きスキルアップに繋がります。 

グロースヒューマンキャピタルと教育、投資の事業で国内の有力ベンチャー企業・グローバル成長企業等に信頼される存在となるように成長を加速していっています。社員一人一人の個性が強くて裁量が大きいのが特徴で信頼関係が強い職場です。

事業を推進している地域の拠点立ち上げを単独で行います。採算管理をはじめ営業などの様々な業務の企画から管理、遂行を全て行います。幅広い業務内容ですが仲間を大事にし、助け合うメンバーがいるため安心です。基礎的なビジネススキルとプレゼン能力があることが望ましいです。 

日本経済を支える大阪

大阪は古くから、海外との窓口として、日本経済の中心としての役割を果たしてきました。インスタントラーメンなどのユニークな製品やニュービジネスの多くが大阪で誕生しています。近年大阪を含む関西圏は、数々のビッグプロジェクトが進行する世界でも有数の活力あふれる地域となっています。

しっかり休める環境

仕事量の多い職業の場合、労働時間内で仕事が終わらずに残業や休日出勤になり結局週に5日以上働かなければならない状況になってしまうこともあります。会社側が労働時間内でどれほどの仕事量を与えるかにより週休2日制の本来の目的が達成されることになります。週休2日制という制度を会社側がしっかり理解し的確に判断し行動することにより、本来の週休2日制の意味の5日間しっかりと働き、2日間は休養にあてるという目的が達成できるのです。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×